Howto - Spellchecking

OmegaT 技術情報:綴り確認

OmegaT には、インラインの綴り確認機能があります。この機能は、 LibreOffice と Apache OpenOffice で使用している綴り確認用辞書を使用します。多くの言語向けの辞書が利用可能です。

OmegaT における新しい綴り確認用辞書の組み込み

OmegaT の[設定]→[綴り確認]ダイアログから、新たに綴り確認用辞書を組み込むことができます。このダイアログにより、ハードディスク内で辞書ファイルフォルダーを選択または作成します。そのフォルダー内に綴り確認用辞書を置きます。(このフォルダーは、OmegaT の「dictionary」フォルダーとは異なります。)次に、辞書をダウンロードする先のオンラインリポジトリの URL(ウェブサイトアドレス)を選択し、その URL を「オンライン辞書の URL」欄へ貼り付けます。リポジトリの URL 一覧を以下に示します。

綴り確認用辞書のリポジトリのURL:

http://download.services.openoffice.org/files/contrib/dictionaries/
http://openoffice.paris.fr/openoffice/contrib/dictionaries/
http://openoffice.osuosl.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.uni-kl.de/pub/OpenOffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.uni-erlangen.de/mirrors/openoffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.fernuni-hagen.de/ftpdir/pub/mirrors/www.openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.plusline.de/OpenOffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.plusline.de/OpenOffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.nluug.nl/office/openoffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.nluug.nl/office/openoffice/contrib/dictionaries/
http://linorg.usp.br/OpenOffice.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.uni-muenster.de/pub/mirrors/ftp.openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.uni-http://openoffice.mirrors.tds.net/pub/openoffice/contrib/dictionaries/
http://openoffice.mirrors.tds.net/pub/openoffice/contrib/dictionaries/
http://artfiles.org/openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://artfiles.org/openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.heanet.ie/mirrors/openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://ftp.heanet.ie/mirrors/openoffice.org/contrib/dictionaries/
http://freebsd.csie.nctu.edu.tw/distfiles/openoffice.org1.1/
http://freebsd.csie.nctu.edu.tw/distfiles/openoffice.org1.1/
http://planetmirror.com/pub/OpenOffice/contrib/dictionaries/
http://planetmirror.com/pub/OpenOffice/contrib/dictionaries/
http://ftp.riken.go.jp/pub/FreeBSD/distfiles/openoffice/
http://ftp.riken.go.jp/pub/FreeBSD/distfiles/openoffice/
http://openoffice.mirror.wrpn.net/contrib/dictionaries/
http://openoffice.mirror.wrpn.net/contrib/dictionaries/

新たな綴り確認用辞書の手動による組み込み

[綴り確認]→[設定]ダイアログにより、ハードディスク内で辞書ファイルフォルダーを選択または作成します。

使用したい .dic および .aff 形式の辞書を取得し、そのファイルを同フォルダーに入れてください。

綴り確認用辞書は、上述のリポジトリから入手できるほかに、LibreOffice および Apache OpenOffice をインストールした際に同梱されています。LibreOffice と、Apache OpenOffice の最近のバージョンでは、これらの辞書に対して「拡張子」形式を使用しており、拡張子が .oxt の zip アーカイブでファイルが提供されます。この形式の綴り確認用辞書を使用するには、ファイル拡張子を .oxt から .zip へ変更します。WinZip などの zip アーカイブ用プログラムを使用して .dic および .aff ファイルを展開します。

ファイル名は、プロジェクトの設定ダイアログ([プロジェクト]→[プロジェクト設定...])で設定されている訳文言語の言語コードに対応したものにしてください。たとえば、訳文言語が「ES-MX」(メキシコスペイン語)の場合、辞書ファイル名を「es_MX.dic」および「es_MX.aff」にする必要があります。もしボリビアスペイン語辞書しか入手できない場合は、ファイル名を「es_BO.dic」および「 es_BO.aff」から、「es_MX.dic」および「es_MX.aff」に変更してください。そうすれば、綴り確認用辞書として使うことができます。(当然ながら、メキシコスペイン語ではなくボリビアスペイン語として綴り確認を行います。)

トラブルシュート点検事項

[綴り確認]ダイアログで、綴り確認が有効になっていることを確認してください。

自動インストールが機能しない場合は、インターネットに接続されていることを確認してください。接続されているのであれば、別のリポジトリの URL を試してください。選択した綴り確認辞書フォルダーへの書き込み権限があることを確認してください。

対応する言語の .dic および .aff ファイルが、綴り確認用辞書フォルダー内に存在し、ファイル名が言語コードに対応していることを確認してください。

Copyright Marc Prior 2009-2011