Howto - Using Microsoft Translator in OmegaT

OmegaT 技術情報:
Microsoft Translator 機械翻訳の使用に必要な設定


- Microsoft Translator API を利用すると、OmegaT の機械翻訳ウィンドウに Microsoft Translator による機械翻訳を表示できます。
- Microsoft Translator API の利用には、Microsoft Azure Marketplace 上でアプリケーションの登録が必要です。登録した情報のうち「クライアント ID」「顧客の秘密」を OmegaT での設定に使用します。

サブスクリプション

https://datamarket.azure.com/dataset/bing/microsofttranslator

- まず上記にアクセスし、画面右上「サインイン」から、 Microsoft Azure Marketplace にサインインします。
* Microsoft アカウントをあらかじめ取得しておく必要があります
- Microsoft Azure Marketplace サインイン後、Microsoft Translator を利用するためのサブスクリプションを行います。
- 画面右に表示された無料または有料のプランから、希望のものを選択します。一番上の無料プラン(2,000,000 文字/月)を選択する場合、「¥0」の下の[サインアップ]をクリックします。

アプリケーションの登録

- サインアップが完了したら、画面上部のメニュー「マイ アカウント」をクリックします。
- 画面左に表示された「マイ アカウント」メニューから「開発者」をクリックします。

https://datamarket.azure.com/developer/applications

- 「登録されたアプリケーション」の下に表示された[登録]をクリックします。
- 以下を入力し、任意のアプリケーションを1つ登録します。

   - クライアント ID:任意の文字列。例:my_clientid1
   - 名前:任意の文字列。例:my_application01
   - 顧客の秘密:デフォルトで表示されるものを使用
   - リダイレクト URI:任意の URI(Microsoft Translator の場合、無効な URL の入力が必要)例:https://dummy/

- アプリケーションの登録が完了したら、下記ページの「登録されたアプリケーション」に、アプリケーションが表示されているかを確認します。

https://datamarket.azure.com/developer/applications

OmegaT での設定

- 上記アプリケーション登録で使用した情報のうち「クライアント ID」「顧客の秘密」を使用します。

Windows の場合

- OmegaT プログラムフォルダーにある OmegaT.l4J.ini を任意のテキストエディタで開き、以下の項目を編集します。

- OmegaT.l4J.ini 編集前
# Microsoft Translator credentials
#-Dmicrosoft.api.client_id=xxxxx
#-Dmicrosoft.api.client_secret=xxxxx
- OmegaT.l4J.ini 編集後(クライアント ID:my_clientid1 の場合の例)
- 行先頭の # を除去し、xxxxx の部分に「クライアント ID」「顧客の秘密」を設定します。
# Microsoft Translator credentials
-Dmicrosoft.api.client_id=my_clientid1
-Dmicrosoft.api.client_secret=顧客の秘密として設定した文字列
- 編集が終わったら OmegaT.l4J.ini を上書き保存します。

Mac OS X の場合

- OmegaT 実行ファイルを右クリック(Command+クリック、2本指タップ)し[パッケージの内容を表示]を選択します。
- OmegaT.app/Contents/MacOS/OmegaT.sh を任意のテキストエディタで開き、以下の項目を編集します。

- OmegaT.sh 編集前
# Microsoft Translator credentials
#MS_CLIENT_ID="-Dmicrosoft.api.client_id=xxxxx"
#MS_CLIENT_SECRET="-Dmicrosoft.api.client_secret=xxxxx"

- OmegaT.sh 編集後(クライアント ID:my_clientid1 の場合の例)
- 行先頭の # を除去し、xxxxx の部分に「クライアント ID」「顧客の秘密」を設定します。
# Microsoft Translator credentials
MS_CLIENT_ID="-Dmicrosoft.api.client_id=my_clientid1"
MS_CLIENT_SECRET="-Dmicrosoft.api.client_secret=顧客の秘密として設定した文字列"
- 編集が終わったら OmegaT.sh を上書き保存します。

Linux の場合

- OmegaT 起動時のオプションとして以下のように指定します(クライアント ID:my_clientid1 の場合の例)
java -jar -Dmicrosoft.api.client_id=my_clientid1 -Dmicrosoft.api.client_secret=顧客の秘密として設定した文字列 OmegaT.jar

OmegaT での Microsoft Translator 機械翻訳の使用

- OmegaT を起動し、任意のプロジェクトを開きます。
- [設定]→[機械翻訳]→[Microsoft Translator]をチェックします。
- 任意の文節を選択すると、機械翻訳ウィンドウに翻訳結果が表示されます。
   - もし機械翻訳ウィンドウに「Bad Request」と表示された場合、「クライアント ID」「顧客の秘密」の組み合わせが適切かどうか確認してください。
- Command+M を押すと,その機械翻訳が訳文に反映されます。

補足:あと何文字翻訳できるか確認したい場合

https://datamarket.azure.com/account/datasets

- Microsoft Azure Marketplace にサインインした状態で上記にアクセスすると、「状態」列に「残り 1,998,890 文字」のように表示されます。

Copyright Will Helton and Masataka Yamaguchi 2012-2015

Translated by OmegaT Japanese Localization Team