Howto - Exporting from OmegaT to 'Trados uncleaned RTF' format

OmegaT 技術情報:
OmegaT から「Trados uncleaned RTF」形式へのエクスポート

この技術情報は、OmegaT プロジェクトから「uncleaned RTF」ファイルを生成する手順を説明します。この形式は、Trados や Wordfast Classic などの他の CAT ツールのユーザーとファイルを相互交換する実際的な方法になりえます。

留意点:

このコード/手順の組み合わせは、まだ十分にテストされていません(ただし初期報告では有望です)。

このスクリプトは、Windows プラットフォームでのみ利用できます。

これによって翻訳者は、単に、Trados uncleaned ファイルを生成(引渡し)することができます。顧客から提供されたバイリンガルファイルを「翻訳」することはできません。

1. Trados の分節区切り文字を挿入

Trados の分節区切り文字を含む OpenOffice.Org バイリンガルファイルを作成するには、まず OmegaT プロジェクトを閉じて、プロジェクト内の project_save.tmx ファイルを、下記の AutoIt スクリプト(Windows が必要)で処理します。

http://www.leuce.com/autoit/uncleanifyTMX.zip

2. 訳文文書を作成

通常通りに訳文文書を作成し、ファイルを Microsoft Word 形式に変換します。

3. 区切り文字にスタイルを適用

Microsoft Word 上で以下のマクロを実行して、訳文文書に関連のスタイルを適用します。

Private Sub AddTw4winStyles()
On Error Resume Next
Dim sMark, sInt, sExt As Style
Set sMark = ActiveDocument.Styles.Add(Name:="tw4winMark", _
    Type:=wdStyleTypeCharacter)
With sMark.Font
  .Name = "Courier"
  .Size = 11
  .Hidden = True
  .Subscript = True
  .ColorIndex = wdViolet
End With
Set sInt = ActiveDocument.Styles.Add(Name:="tw4winInternal", _
    Type:=wdStyleTypeCharacter)
sInt.LanguageID = wdNoProofing
With sInt.Font
  .Name = "Courier"
  .Size = 11
  .ColorIndex = wdRed
End With
Set sExt = ActiveDocument.Styles.Add(Name:="tw4winExternal", _
    Type:=wdStyleTypeCharacter)
sExt.LanguageID = wdNoProofing
With sExt.Font
  .Name = "Courier"
  .Size = 11
  .ColorIndex = wdGray50
End With
End Sub

Copyright Marc Prior 2009-2011